2019年9月より隔週土曜日もオープン

2019年9月より第二/第四土曜日も教室オープンします。

 

さて、おかげさまで徐々に人数も増えてきており、一人で見てあげられる時間も限界があるので、この度9月以降で、スタジオRリビングさんにご協力いただき、隔週土曜も谷中テックアカデミーをオープンすることが決定しました。

以下、9月以降の予定です。

9月

9/1 (日)練習試合@神奈川青少年センター

9/4(水)16:00〜17:30

9/11(水)16:00〜17:30

9/14(土)16:00〜17:30

9/18(水)16:00〜17:30

9/25(水)16:00〜17:30

9/28(土)16:00〜17:30

 

10月

10/2(水)16:00〜17:30

10/9(水)16:00〜17:30

10/12(土)練習試合@INTERNATIONAL SCHOOL OF THE SACRED HEART

10/16(水)16:00〜17:30

10/23(水)16:00〜17:30

10/26(土)16:00〜17:30

10/30(水)お休み

 

以上

 

水曜だとスケジュール的に難しいという方は、ぜひ土曜に遊びにきてください。

お待ちしております。

2019-2020 NEW GAME!

新しい競技 NEW GAMEの発表がありましたので、お知らせします。

2018-2019年シーズンの世界大会も終了し、VEX界隈では来年に向けたNEW GAMEの発表がありました。

その名も「 SQUARED AWAY」(正方を放て、みたいな?)です。

百聞は一見にしかずということで、まずは動画をご覧ください。

日本語字幕はないですが、理解できると思います。

そして、見つけてしまいました。Backwards Crewという世界のどこかのキッズが、世界最速でこの新しい競技の分析、推測などを行っている映像です。こちらも全編英語ですが、わかると思います!(知りたいという方がお気軽にお問い合わせください)

うむ、さすがですね。このビデオを見るといろいろと考えさせられます。その分析力はもちろんのこと、動画撮影の手際やスライドでのプレゼンテーション能力、こなれたナレーション・・・。このような少年が世界中にうようよいるのでしょうね。この動画は谷中テックのこどもたちにも解説つきで見てもらいました。

ところで、レフリー目線で分析させてもらうと、このゲーム、リセット面倒くさそう!!笑

時間厳守がレフリーイングの第一原則ですので、その辺心配ですね。汗

みなさんも予習してみてはいかがでしょうか。

いやあ、新しい競技「SQUARED AWAY」の大会が楽しみです!

VEX IQ JAPAN CUP!!

去る3/24に渋谷ヒカリエで行われた”VEX IQ JAPAN CUP”にて谷中テックアカデミーからチームで参加しました。

私はコーチ兼レフリーとして参加してきました。

会場のヒカリエではまだビルがオープンする前の早朝から、ロボットキッズたちが集まりドライブの練習をしたり、プログラムの調整をしたり、知り合いとおしゃべりしたり・・・楽しげな雰囲気でスタートしました。

またこの大会には、ハワイからも数チーム招致されており、たくさんのハワイアンキッズチームも参加。会場では、持ってきたハワイのお土産をピット(チーム専用の待機デスクのこと)狭しとばかりにお店を広げて、通りかかるこどもたちや大人、スタッフにまでレイをつけてあげたり、Tシャツをプレゼントしたり。とてもサービス精神旺盛なハワイのロボティクス関係者に感激しました!

大会当日、私はレフリーフィールドにつきっきりで写真があまりないので、この前の日におこなわれた交流ワークショップでの様子をいくつかアップします。

驚異のロボットをひっさげてハワイから参戦

ハワイではVEXIQを学校教育に導入してすでに6年以上(ほかのロボティクスもあわせると10年ほど)とのこと。こどもたちはをアプリのボタンを組み合わせる方法でなく、直接コードを打ち込む方法でロボットをプログラムしている。この辺は英語ネイティブには一日の長がありますね。

交流会ワークショップの様子

前日のワークショップには、その日はじめてロボティクスを触る子も数人来ていて、その日の私の役目はその子たちにスピードボットを制作し試してもらう予定であったのだが、ロボットの箱を開けたとたんに、あたりにいたハワイのキッズたちが次々とその子たちのとなりに来てくれて、教えて始めたのでした。私はその様子を感心しながらただただ見守るばかりでした。

STEM教育から得られる、本当に大事な「ソフトスキル」(コミュニケーション、リーダーシップ、ナレッジシェア)がしっかり浸透しているハワイのロボティクス教育に脱帽です。

こどもたちはロボット制作を通してすぐ友達になる

さて、話を戻して渋谷で行われたJAPAN CUPは、大変ハイレベルな大会となりました。さきほどのようなカラフルでかわいらしいロボットが、一旦試合がスタートすればモンスターのごとく次々とポイントを重ね、あっという間に見たこともないようなハイスコアの連続でした。

谷中テックチームやほかの日本チームもこのハワイチームのロボットに興味深々のようでした。

後から聞いた話ですが優勝したチーム(一番上の画像)は、ハワイの州代表チャンピオンとのこと。道理で!!

そんななか、2度目の大会で大健闘した谷中テックチームは「ALOHA MAHALO」アワードを受賞!!コーチとしても初めての教え子がアワードをもらえて感無量でした!

そして、今回のアワードの発表では、サプライズがありましや。発表の最後にな、なんと「ボランティア オブ・ザ・イヤー」なるアワードを僭越ながら私がいただいてしまいました!いや、ほかにもいっぱいふさわしい人いるでしょううう!!

谷中テックがいただいたアワード。MAHALOとは、ありがとうという意味

いろいろ勉強になる1日でありました。

参加したキッズたち、運営スタッフ、関係者の方々に感謝します。特にハワイチームを率いてきてくれたアート夫妻、ジャッジの方々、VEXJAPANのマルさん、ワカ、アキさん、スタッフ、関係者、保護者のみなさん、本当にありがとうございました!!

終わったあとはみんな笑顔!

これからも微力ながら日本のSTEM教育普及のために尽力する所存です!

さあ、次はNEW GAMEだ!

(4月末の行われる世界大会のあと、5/1以降に2019−2020の新しい競技が発表されます。)

 

VexIQ Japan Nationalヘッドレフリーを務めました!

どの子も本気!ロボティクスの真剣勝負。

先日、都内某アメリカンスクールにてVEXIQ Next Levelのジャパンナショナルズ大会が行われました。

大会はアメリカンスクールSt. Mary’s International Schoolのジムで行われました。

朝早くから自作のロボットを持ち込み集まった、首都圏中のロボティクスキッズたち。

丸1日かけて、4月にアメリカで行われる世界大会への出場をかけた真剣勝負の日となりました。

NEXT LEVEL(この競技の名称)では、1分間にHUBと呼ばれるプラスティックの物体をビルディングゾーンへ運び込み、積み上げる、そして中央のバーにロボットをハング(ぶら下がる)できるかを競います。

大会中にもじゃんじゃん改良が行われていく。(写真は谷中テックのチームピット)

谷中テックアカデミーからもT君とY君のチームが参加しました。初めての試合、大会にもかかわらず堂々たる健闘ぶりを見せてくれました。結果的には、アワードにはいたりませんでしたが、ロボットの改造などにもこだわりを見せてくれました。

たった1日で数段レベルアップした谷中テックチームでした!

閉会式。いよいよ、優秀チームの発表!

いろいろなロボットやそれぞれの戦略を目の当たりにし、とても刺激をうけたのではないでしょうか。

今月は、3/24に行われる国際試合ジャパンカップにも出場する気満々の谷中チームが

わずかの時間でどれだけの成長を見せてくれるのか、楽しみです。

 

さて、ここから宣伝です。

谷中テックアカデミーでは、この春進級する小学生を中心に、オープンクラスを実施します!

3月16日 11時〜14時まで

3月30日 15時〜17時まで →参加受付中!

当日は、ロボットの組みたてと競技体験、パソコンを使ったプログラム体験などを行います。

場所は 谷中スタジオR (台東区谷中2-8-12 ラディアンス1F) アクセスはこちら

途中入室、途中退室OKですので、どうぞお気軽にお越しください!

詳しくは、Yanaka Tech Academy へお問い合わせください。